忍者ブログ

トロパエオルムをはじめ植物全般に関する話題,自然観察,蓼科の生活,趣味の世界(本,デジカメ,アロマ…)など,身近な話題をお話しします.

2018.121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME蓼科ライフジギタリス

ジギタリス

2018-06-23-Sat 20:30:35 │EDIT
本日雨の中蓼科入り.

激しい降りの中,第2ガーデンの庭をチェックしたら,先住人のジギタリス2色が開花中.

草丈はチビだけど花は存在感がある.こんな所にジギタリスが居たとは…去年も咲いていたのかなぁ?名札さしておかなくちゃ.
母が4月半ばに施設で夕食後に様子がおかしくなり病院へ救急搬送された.診断の結果,脳梗塞と判明.当初脳の1/4がダメになり右半身不随になると言われたが,その後梗塞部分が拡大し脳の半分がダメになった.倒れた当日の夜はまだ意識があり言葉を発していた母だが,翌日以降はただただ眠っているだけ.いつ病院へ行ってもひたすら眠っているだけ.それでもしばらく様子見を続けた.そしてある日,医師の診断ではもう意識は戻らないと宣告.

しっかりしている頃に尊厳死を宣言していた母は,結局6月4日に全ての管を抜いて退院,施設に戻り絶飲絶食を続けた.医師の話では早ければ2,3日,そうでなくとも1週間くらいで…という話だった.

ほぼ毎日様子を見に行ったが,母は眼を開けていたり,入院当初右しか向けなかった眼球が左もまっすぐにも向くようになっていた.が,意識は無い.呼びかけても反応なし.ただ,耳は最後まで聞こえてますよと言われていた.

6月6日は母の89歳の誕生日.部屋には「HAPPY BIRTHDAY」の飾りと,施設で撮影されたたくさんの写真がパネルに貼られ壁にかけられていた.父の会社を引き継ぎ社長業兼ギター・セミプロの弟@抗ガン剤治療中がギターをかかえてやって来た.幸い隣は空き部屋だ.気にせず音を出せる.彼はオリジナル曲を2時間ほど奏で,施設スタッフ,母のお相手をして下さっていたシルバー人材センターからのスタッフさんなどみんなで母を祝った.良い誕生会だった.その後も時々弟はギターを弾きにやって来た.

最期に近い日,呼吸数が増え「ハァハァ」と肩で荒い息をしていた母が,ギターの音色を聞くとスーッと呼吸が落ち着く…という不思議な現象を幾度となく目の当たりにした.音楽の力なのか,可愛がっていた息子が来ているという事が分かるのか.

その後母はとんでもない生命力で2週間ほど生き続け,大地震でビックリしたのか翌日の19日に旅立った.死亡診断書の死因欄には「老衰」.なんとも理想的な死因だ.

その夜は「やっと終わった.これで携帯電話を枕元に置いて寝なくても良いんだ」という,何とも言えない安堵感と解放感を味わった.

地震の影響で火葬場は一日待ちとなったが,昨日無事葬儀を終えて一段落.とは言うものの,1つの終わりは次の始まりでしばらく事務処理があれこれ続く.

で,気分転換のため今朝大阪を出発し蓼科へ.約1週間の滞在予定.帰阪後も当分慌ただしい日々が続く.束の間の植物たちとの再会を楽しもう…って,ジャングルを何とかしないと.(~_~;)
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
お疲れさまでした
そりゃ~びっくりするよねえ(^^;地震
でも穏やかな感じが伝わってきます。ご冥福をお祈りいたします。
家のジキタリス~ハイブリが小型になってたけど同じようなタイプは大型でよく咲いてたなあ~~1か月ほど前だけど(^^;
1週間でもお庭で楽しめたら?あ、、草刈りで終わったりするかも(;'∀')
たま2018-06-23-Sat 21:54:03EDIT
お疲れ様でした
DORA さん、たまさん
こんばんは。
DORAさん、お母様共々お疲れ様でした。昭和一桁の人の強さは素晴らしいですよね。どちらも悔いはなかったことと思います。
蓼科の緑に癒されて下さい。
蓼科だとジギタリスもこんな遅い時期なんですね。
月イチガーデナー2018-06-23-Sat 22:22:55EDIT
ありがとうございますm(_ _)m
たまさん,こんばんは(^^)
母のこと,ありがとうございます.m(_ _)m

ご実家周辺も地震被害がいろいろあったようですね.早く復旧することをお祈りしております.

ジギタは1ヶ月前!(^o^) さすが気候が違うなぁ~と思いましたわ.
そそ,1週間の間どれだけ雨の止み間があるかな?ホント雑草との格闘で終わりそうだ…(~_~;)
DORA2018-06-23-Sat 22:44:58EDIT
ありがとうございますm(_ _)m
月イチガーデナーさん,こんばんは(^^)
お言葉ありがとうございます.m(_ _)m
昭和ヒトケタ生まれの強靱さにはホント驚かされました.芯の強さが違いますね.
蓼科の緑…ジャングルだ~~(@_@) まずジギタに名札刺すのが先決ですわ.
DORA2018-06-23-Sat 22:52:07EDIT
お疲れさまでした
DORAさん みなさん おはようございます♪

DORAさん 本当にお疲れさまでした、お母様のご冥福をお祈りいたします。
うん、地震にはビックリしたろうねぇ。
弟さんのギターの音色で穏やかになるってわかってたんだねぇ~

安堵感と開放感、、わかる気がしますが、、まだ色々やらねばならぬ事があるんですね。
まずは蓼科の緑に囲まれて身体を休めてくださいませ♪

うちはジギタではなくバーバスカムが咲いとる。
boomama2018-06-24-Sun 09:59:58EDIT
お疲れ様でした
DORAさん みなさま こんばんは

DORAさんもご家族も そしてお母様、みなさまお疲れ様でした
昭和一桁… お身体&精神力 どちらもご立派なお母様でしたね。
暫くは雑多な用件が続くとは思いますがまずは蓼科の植物との逢瀬(格闘?)で癒されて下さいませ。

ん そのタイプのジギ太は2年草だと思うです。
昨年は苗だった筈、花咲くと基本その株は終わりですが脇に子株着くんでそれぞれ植えると良いですよん。
根元に育った子株ならばそのまま来期に咲ける筈。
コチラでは隙間有るならコボレで増殖しまくりますんよ(^^)  
ミトン2018-06-24-Sun 19:27:54EDIT
ありがとうございますm(_ _)m
boomamaさん,こんばんは(^^)
母のことありがとうございます.m(_ _)m

最期まで耳は聞こえるらしいので,ギターの音色が心地よく響いたのでしょうね.聴覚はともかく一番原始的な感覚の臭覚はどうなんだろう?とふと思った私は,ローズの錬り香を手首につけて母の鼻元で左右に動かしてみました.反応は…よく分からんかった.(^^;

蓼科の緑に囲まれてゆっくり…したいところですが,現実はそうはさせてくれません~~.爆発ヤマボウシをカットして,やたら生えてる雑草を抜いて…フル回転でした.ジギタリスに名札も刺せたしね.(^^)v
バーバスカムね~,のたくりながら咲いておりましたわ.(^^;
DORA2018-06-24-Sun 19:34:11EDIT
ありがとうございますm(_ _)m
ミトンさん,こんばんは(^^)
お言葉ありがとうございます.m(_ _)m
昭和ヒトケタ,芯のある強さです.私らには真似が出来ん.思えば母の時代にはジャンク・フードや簡便食品が無かったですものね.コレは大きいと思うなぁ.

ハイ,早速庭で戦闘開始しとります~.
ん,このジギ太はハズレ(子株なし)だったら来季会えないのか~.今のところそれらしきものはニャイ.(-_-)
北の大地では増殖しまくり!?(@_@) さすがですね.(^o^)
DORA2018-06-24-Sun 19:42:38EDIT
お疲れ様でしたm(_ _)m
DORAさん、みなさんこんばんは。

DORAさん、この度は本当にお疲れ様でした。お母様のご冥福をお祈りします。
この後も暫くは何やらかんやらお忙しいと思います。蓼科もひたすら忙しそうですけど、ご自愛くださいね。
ぶひ2018-06-24-Sun 20:59:44EDIT
ありがとうございますm(_ _)m
ぶひさん,こんばんは(^^)
母のこと,ありがとうございます.m(_ _)m
母の粘り強さを見習って庭仕事に励みます.(^o^)
庭にシャジン系の先住人が居ないか探したけど居なかった…ホタルブクロすら居ない…どこかでゲットしようっと.(^.^)
DORA2018-06-24-Sun 21:06:30EDIT
ブログ内検索
おすすめ
カウンター
プロフィール
管理人:
DORA
HP:
自己紹介:
ナスタチウム仲間をこよなく愛し,大阪と信州・蓼科高原を行ったり来たりしながら生活している.
天気予報
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
最新TB
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 DORA's Blog Some Rights Reserved.
http://dora222.blog.shinobi.jp/Entry/3817/
忍者ブログ[PR]