忍者ブログ

トロパエオルムをはじめ植物全般に関する話題,自然観察,蓼科の生活,趣味の世界(本,デジカメ,アロマ…)など,身近な話題をお話しします.

2020.011 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
Home
2020-01-21-Tue 20:30:06 │EDIT
南ベランダ在住のラペイロージア・オレオゲナ.

左は1/18撮影:花芽確認.
右は1/19撮影:開花確認.

昨年は1/11に開花確認していたので今年は遅め.
昨年は無加温ビニール温室内,夜間はフタを閉めていたが今年はフタを閉めていない.
PR
2020-01-20-Mon 20:30:16 │EDIT
今朝南ベランダの植物たちを見ていたらトリコロール(T. tricolor)が開花しているのを発見.すべてのトロパエオルムの中で開花一番乗り.

昨年は1/9に開花していたので今年は遅いのか…(・_・)
ちっともそんな気がしないが「今年は開花が遅い」と言われる植物がいろいろあるみたい.暖かいと開花が遅いって不思議な感じ.
妙に暖かいのが逆効果?


こちらはパキカウロス・ヌンムラリア(Pachuycaulos nummularia,1/19:咲くやこの花館にて撮影)

熱帯雨林室に居るこの植物,昨日は「どこに居るんだ?」と探した.昨年はすぐ目に付くところに鉢が吊り下げられていたが,今年はちょっと裏手になるところに居た.スッと通り過ぎたら見過ごしてしまう.
いつもこの時期に開花していて,見るたびに「トリコロールに似てるなぁ」と思う植物.昨日これを見た後,今日トリコロールが開花,絶妙のタイミング!(^o^)

2020-01-19-Sun 20:30:46 │EDIT
北バルコニー在住のナゾの原種シクラメン.

ラベルはヘデリフォリウムになっているが,今の時期花芽を持っているし葉も丸っこいしでコウムじゃないの?と思っている株.

で,葉の一部が受け皿みたいになっていた~.(^o^)
何枚か受け皿があるけど,これも個性かな.
2020-01-18-Sat 20:30:53 │EDIT
北バルコニー在住のヒヤシンス・オリエンタリス白.
(1/05撮影;花芽右は1/15撮影)
2018年秋に花友さんから2セット球根を入手.
2個入りで合計4個からこれだけ分球したのか~.(@_@)

そのうちの1株で花芽を確認.2年目で花芽はショボそうだからきっとローマン・ヒヤシンスみたいに楚々と咲くんだろうなぁ.(^^; 画像では最初の撮影から10日経った後も花芽の大きさはほとんど変わらない.ただ,葉が少し成長した感じがする.さて,いつ咲くのやら??
2020-01-17-Fri 20:30:11 │EDIT
なんともミニ・サイズなわが家のコルチカム・ハンガリクム.

大きさ(小ささ?)が気になって測ってみた.

朝は本当に1cmほど.花が開いて少し大きくなったなと思っても2cm無いくらい.
と,ミニサイズの証明.(^^;(証明しても何もならんけど~~)



2020-01-16-Thu 20:30:04 │EDIT
今季入手のスノードロップたち.3株植えだったがそれぞれ独立ポットに昇格.まだ未開花のものもあるので,これでも一部だけ.

逆さハートを求めてのスノド・ハントだったが,こうして見るといろいろなパターンが居て面白い.今季も外にグリーンチップが入るものが今までで2株あった.
模様でも色の濃いもの,薄いものがあり,ハート・マークもきれいな逆さハートや一部ぺったんこの逆さハートがあって笑える.今回のお気に入りは右画像の変な顔2態.変な顔な上にこれらには香りがある.と言っても良い香りとは言えないが.(^^; 他の株には香りなし.
2020-01-15-Wed 20:30:20 │EDIT
先日3連休の最終日,晴天に誘われて兵庫県神崎郡にある神崎農村公園・ヨーデルの森までアルパカを見に行った.(←アルパカ禁断症状(^^;)

冬のこの時期は休日のみの営業となっている.ウチからだと加西フラワーセンターへ行くよりさらに30~40分ほど遠い距離感.

10時開園で到着したのは15分ほど過ぎた時点,既に駐車場には数台の車が停まっていた.お正月飾りのある入り口を通り,ズンズン坂を登ってアルパカの居るコーナーへ.左右には様々な動物コーナーやカフェ,レストラン,子供たちの遊べるコーナーなどがある.パンフによると約60種200頭羽の動物たちが居るらしい.アルパカの居る場所は敷地内で一番標高の高いところ.

コーナーに到着したら飼育員さんが一頭のアルパカを連れて歩いていた.この子はオスのサンタ君.毛の色が白と茶の2色刷で面白い.

「アルパカハウス」と名付けられた屋内には3頭のアルパカたちが居て,その後外に出された.小屋と外の柵内とがドア1つで行き来出来る仕様.もう1頭の子(ノエルちゃん)は向かいの柵内に居てその後サンタ君が同じ柵内に入れられていた.

八ヶ岳アルパカ牧場は人も柵内に入って一緒にモフモフ触れあえるが,ここはエサやり体験だけ.ちょっと残念.

ミニバケツに入った生のニンジン・キャベツをスコップを使って動物にあげるようになっている.このエサはウマ・ヤギ・ヒツジ・アルパカ共通みたい.バケツ1杯300円.アルパカがニンジンやキャベツを食べるの?とビックリだったが,あげてみるとムシャムシャ・バリバリ食べていたので嫌いでは無さそう.八ヶ岳ではペレット状のエサを直接手からあげていたが,ここでは直接手であげるのは禁止.

午後からスタッフがアルパカを連れて柵の外を散歩するのでその時触れあいを楽しんで下さい,との事だったが,私達は時間の関係でそれまでに園を出たのでどんな具合だったかは分からない.所変われば…だが,やはりモフり放題の八ヶ岳の方を知っていると全体的に物足りなさを感じてしまった.

2020-01-14-Tue 20:30:12 │EDIT
今朝まだ日射しのある時に南ベランダを見たらコルチカムが開花していた.
Colchicum hungaricum Velebit Star.2018年秋に花友さん経由でやってきた子.肥料不足か,なんともミニ・サイズ(直径2cmもない)で咲いてくれた.(~_~;)

昨シーズンは2018年12月に開花していたので今年は遅い.ずっと北バルコニー置きしていたが,1つだけ花芽が付いて気になったので南ベランダへ連れて来た.やはりお日様の光が一番の栄養か.
2球入手していたが,葉芽は3つで花芽はこれだけ.どうやら分球したかな.

こちらはテコフィレア・今日の状態.青い方が咲きかけてきた.

白い方は Techophilaea cyanocrocus 'Craigton Snow Drift'.
青が濃い方は Tecophilaea cyanocrocus mix.
白い方は開花後大きめのポットに植え替えたので,青い方も植え替えないと,と思っている.




2020-01-13-Mon 20:30:58 │EDIT
テコフィレア,2つめ開花.(1/11撮影)
(Techophilaea cyanocrocus 'Craigton Snow Drift')














2020-01-12-Sun 20:30:09 │EDIT
11日午後,北バルコニーを見ると2種の原種シクラメンが開花しているのを発見.
花色の濃い方はコウム・ルブラム.(C. coum 'Rubram')
ピンクの方はパービフローラム.(C. parviflorum)


どちらも葉は模様無しのプレーン・リーフ.
ルブラムの方は今季12月におぎはら植物園で入手(通販).
パービフローラムは昨年6月京セラドームで開催された天下一植物界でつるかめさんブースで入手したもの.こちらは鼻を近づけると良い香りがしている.蓼科で夏越しした2株のうちの1株.もう1株も花芽が付いているので開花が楽しみ.

そしてこちらは昨年末3割引セールで京阪園芸で入手したやたら高価なコウム・プラチナリーフ.(C. coum )
ラベルにはピンク葉と書かれていたが購入時も今も「どこが?」の状態.(-_-)プラチナ・リーフも北バルコニーに居るピューター・リーフやシルバー・リーフと比べても「違うの?」って感じで際立つ違いは見られない.
こちらにも花芽が付いているがなんだか面白い色.開花したらどうなる?これはちょっと楽しみ.


ブログ内検索
おすすめ
カウンター
プロフィール
管理人:
DORA
HP:
自己紹介:
ナスタチウム仲間をこよなく愛し,大阪と信州・蓼科高原を行ったり来たりしながら生活している.
天気予報
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新TB
バーコード
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 DORA's Blog Some Rights Reserved.
http://dora222.blog.shinobi.jp/
忍者ブログ[PR]