忍者ブログ

トロパエオルムをはじめ植物全般に関する話題,自然観察,蓼科の生活,趣味の世界(本,デジカメ,アロマ…)など,身近な話題をお話しします.

2019.091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME蓼科ライフの記事
2019-08-27-Tue 20:30:03 │EDIT
画像左は秋と言えばコレ,のワレモコウ(画像左).
そして右はペラルゴニウム・シドイデスの花.
どちらも8/19撮影.

濃い紅色の花が渋い.ワレモコウは自生ッ子.勝手に出てきて勝手に咲いている.

ペラルゴは日野春産.日陰に置いていたら「何コレ?」と思うほど花茎が徒長してのたくった挙げ句,先端に花が.(~_~;) 全体像を撮ったら花が全然目立たず(この花色だから周囲に溶け込んでしまう),従って花のアップだけ.(^^; ワレモコウと同じ秋色.

PR
2019-08-26-Mon 20:30:32 │EDIT
宿根アスター・ジョリー・ジャンパー(Aster 'Jolly Jumper').(8/19撮影)

この地に来て2年目.昨年に比べずいぶん花が増えた感じ.放任でも平気,季節になったら咲いてくれる頼もしい庭の味方.

草丈は1m以上で存在感がある.1つ1つの花は小さいが爆咲きするとインパクトある植物.


2019-08-25-Sun 20:30:54 │EDIT
蓼科で8月以降咲いてきたツルリンドウ.(8/16撮影)

モミジ下のロックもどきコーナーに勝手に出て来て居座り,ズンズン領土拡大を狙っていたので写真撮影後掘り上げて別の場所へ引っ越してもらった.(^o^)

まぁこの地の雑草だから大丈夫だろう.ここ以外にもあちこちから出て来ているからダメでもどうってことはない.

一方こちらは斑入りツルリンドウ.(8/19撮影)

購入品だが植えた場所がお気に召さず?拡がらない.
かくしてこの子はかつて並ツルリンがはびこっていたモミジ下へ…(^^; 

並ツルリンみたいにはびこってくれたら嬉しいのだが…
果たしてどうなるか興味津々.




2019-08-24-Sat 20:30:22 │EDIT
大阪ではツクツクボウシが鳴き夏の終わりを感じさせる.今日は暑さが少しマシ.このままずっと涼しいと嬉しいのだが.(^^;
とりあえず蓼科ネタはまだ続く.

先住人のヤナギランが咲き始めた.(8/18撮影)
下には今季ミヨシで入手したミソハギ.

花友さんの話では,ミヨシ・小黒さんコーナーで扱うミソハギには3種の花色があるとのこと.私が入手した際には小黒さんに「濃いピンクです」と言われた.他の花色とどれほど違いがあるんだろう?

来季の楽しみが出来た.(^o^)
2019-08-23-Fri 20:30:55 │EDIT
カンパニュラ・アメリカーナ.(8/18撮影)

8/14の恵泉蓼科ガーデン・オープンガーデン時に苗売り場で売られていたもの.
地植えにしたけど来季まで無事に保つかな?

苗売り場にはガーデンでこぼれ種で出て来たものがメインで売られていた(と思われる)ので,耐寒性は大丈夫だろう.干からびるか,秋の長雨で根腐れするか…いろいろ心配事はあるが運を天に任せて様子見.まずは次回蓼科に行った時に安否確認してみよう.

2019-08-21-Wed 20:30:19 │EDIT
本日大阪に戻り暑さにあえいでいる.(~_~;) 南ベランダでは風が舞ったようで棚の上のポットが落下,土が散乱,サンダルにも土がたまっていた.(-_-) とりあえずの復旧は完了.

で,大阪に戻ったけれど蓼科ネタが続く.
先日から開花が始まっているコドノプシス・ランケオラタ.(Codonopsis lanceolata) ツルニンジン,別名ジイソブ.
今朝見るといくつも花がぶら下がっていた.(^o^) これは通販で2017年秋購入した苗.地植えにして昨年開花,そして今年は2年目.下から見上げたら案外派手だが,上から見下ろしたらまん丸こくって可愛い.
スズメバチの好物らしいので花を見る時には要注意.
2019-08-20-Tue 20:30:05 │EDIT
モミジの木の下に原種シクラメン@ポット植えを置いている.
夏越しのために蓼科に連れて来た者たち.(8/17撮影)

メンバーは濃いピンクのプルプラセンス(C.purprascens),薄ピンクのヘデリフォリウム・ライサンダー(C. hedelifolium 'Lysander'),白のタイルバーン・ジャン(C. mirabile 'TileBarn Jan’).
それに花は無いが葉を展開し始めているパービフローラム.

開花中の方々のアップ写真.

2019-08-19-Mon 20:30:44 │EDIT
少し前から咲いている白キキョウ.(8/17撮影)
花友さんから頂いた株を地植えにしたものたち.
真っ白のものや紫の筋模様のものなど.

このコーナーでは紫の普通のキキョウも咲き始めている.
別の場所では咲き始めの早かった紫色のキキョウだが,このコーナーでは白の方が早かった.

同じコーナーに先日ミヨシで入手したピンク花のキキョウ@セール品を植えておいた.来季はどの色が開花一番乗りになるだろう?(^.^)

2019-08-18-Sun 20:30:36 │EDIT
先日紹介したミヨシの斑入りオニユリ?コオニユリ?

先日の画像ではムカゴが無いように見えた.
確認すべくミヨシへ~~.
だいぶん花はくたびれて終わりに近いけど,まだあってホッとした.

さっそくムカゴを確認.確かに下の方にはムカゴは見えず.おや??上の方にはムカゴが出来てる!?ん~,ムカゴありのオニユリなのか,ムカゴ無しのコオニユリなのか,,,訳分からんぞ~っと.
その時遠目に見えた小黒さんの姿.思わず駆け寄り訊ねてみた.
私「オニユリにはムカゴが出来るけどコオニユリには無いですよね.ガーデンに居る斑入りのユリはムカゴがないように見えたんですが…今日見たらムカゴが見えてどっちか分からないんですが…」
小黒さん「あ,あれはオニユリです.ムカゴが出来ますが,増殖のため採ったんです」
な~んだ,そういう事か!(・_・) 思わずズッコケそうになったけど納得.今日見たムカゴはまだ採ってないだけ…って事でこれは「斑入りのオニユリ」と判明.
斑入りのオニユリのムカゴからは斑入りの子が出るので来季以降の小黒コーナーを要チェック.

<おまけ>
そして本日開花した矮性ムクゲ・ラベンダーシフォン.(画像左)これはしっかりピンク.(~_~;)

画像右は矮性ムクゲ・ブルーシフォン.
ブルーシフォンもややピンクがかっているがどちらかと言えば薄紫色.
どちらも8/18撮影.



2019-08-17-Sat 20:30:27 │EDIT
今季入手したムクゲ・紫玉.

挿し芽株なんだろうけど,挿してからどれくらい経っているんだろう?このまま地植えして大丈夫?とちょっと不安なチビ・サイズ.でもわが家では鉢管理より安心な地植えコースに.

チビのくせに立派な花を咲かせてくれた.体力温存のため花はカット,水に浮かべてしばし楽しむ.(8/15撮影)

そしてこちらは昨年地植えにした矮性ムクゲ.花芽がたくさん付いているがいつ咲くの?と思っていたらいきなり咲いた.(8/17撮影)

後ろに鹿避け柵がある.柵の高さは1.8mほど.矮性ムクゲだとこれくらいの高さで止まるのかな?今はまだ半分にも至っていない.柵が見えないほどに早く育って欲しい.




ブログ内検索
おすすめ
カウンター
プロフィール
管理人:
DORA
HP:
自己紹介:
ナスタチウム仲間をこよなく愛し,大阪と信州・蓼科高原を行ったり来たりしながら生活している.
天気予報
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新TB
バーコード
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 DORA's Blog Some Rights Reserved.
http://dora222.blog.shinobi.jp/Category/6/3/
忍者ブログ[PR]