忍者ブログ

トロパエオルムをはじめ植物全般に関する話題,自然観察,蓼科の生活,趣味の世界(本,デジカメ,アロマ…)など,身近な話題をお話しします.

2020.06┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME[PR]園芸・植物関連六甲高山植物園

[PR]

2020-06-01-Mon 01:44:42 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

六甲高山植物園

2017-03-04-Sat 20:30:54 │EDIT

今日・明日は六甲高山植物園・特別開園日.
チベタヌスが咲き始めと聞き,行ってみることに.

この時期咲いていたのはバイカオウレン,フクジュソウ,セツブンソウ,シクラメン・コウムなど早春おなじみの植物たち.左はフクジュソウ,右はバイカオウレンの群落.


寒さを覚悟して完全防寒スタイルで出かけたが,園内の温度計を見ると7度.日射しもあってそんなに寒くない.

アップダウンのある園内には「ヒマラヤ区」と呼ばれる高い場所の区域があり,案内図によるとそこにチベタヌスが居るらしい.どこどこ?と探しながら上って行く.チラっとピンクのものが見えて株を発見.よく見ると周囲にはニョキニョキ新芽が出ている.数えてみると10株のチベタヌスを確認出来た.全部咲いたら見事だろうなぁ.


屋外でほんの少し咲いていた原種シクラメン・コウムだがガラス室内では元気に開花中.
ガラス室内はポカポカ陽気で暖かい.
外の花が少ないだけにここは撮影の人気スポット.
次から次へとカメラを持った人たちが訪れていた.

コウムだけではなく他品種の原種シクラメンもいろいろあり名札がたくさん立っていたが…葉はまばら.(^^;



チベタヌス満開にはあとどれくらいかかるのだろう?そういえば京都植物園にもチベタヌスがあるはず.今年は花が多いのでは,と園長さんがおっしゃっていた.どこかで地植えの生チベタヌスに出会えると良いなぁ.

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
おお~
活動的!ですね~~
チベタさん結構なピンクですね
群生してたら見事ですよね~
家は暑くなるまでのお世話からですから~まず開花ではなく、まず夏越し(^^; あはは
たま2017-03-05-Sun 08:54:38EDIT
濃いピンク
たまさん,こんにちは(^^)
ここのチベタさんはしっかり濃いピンクしてました.
この1株だけが存在をアピールしており,他の子たちはよ~く見ないと暗い色してて気づかない状態でした.(^^;全ての株が花芽を持ってるかどうか分かりませんが,10株咲いたら見事でしょうね.

たまさんちのチベタさんは地植え?うまく夏越ししてくれることを祈ってます.夏は地上部消えるかも…ですが,焦って処分しないようにね.(^^;
DORA2017-03-05-Sun 17:10:50EDIT
地植え
DORAさん おはようございます♪

六甲山の頂上でしょうか、、標高が高い所なんですね。
チベタが地植えで気持ち良さげで咲く姿は素晴らしいです~羨ましい!
他にも高山植物がたくさん咲くんでしょうね。
憧れのガーデンですわ。
boomama@魔界堕ち2017-03-06-Mon 09:31:50EDIT
頂上ではないけれど
boomamaさん,こんにちは(^^)
六甲高山植物園は頂上(932m)より下ですが標高800m超のところにある植物園なので,下界とは違い関西でも高山植物が見られます.青ケシも居たハズです.夏場涼みに行くのに良いでしょうね.(^^)

地植えのチベタ,満開になったらどんな感じかなぁと想像を膨らませています.見てみたいなぁ~.
DORA2017-03-06-Mon 16:14:50EDIT
ブログ内検索
おすすめ
カウンター
プロフィール
管理人:
DORA
HP:
自己紹介:
ナスタチウム仲間をこよなく愛し,大阪と信州・蓼科高原を行ったり来たりしながら生活している.
天気予報
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新TB
バーコード
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 DORA's Blog Some Rights Reserved.
http://dora222.blog.shinobi.jp/Entry/3341/
忍者ブログ[PR]