忍者ブログ

トロパエオルムをはじめ植物全般に関する話題,自然観察,蓼科の生活,趣味の世界(本,デジカメ,アロマ…)など,身近な話題をお話しします.

2020.06┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME[PR]園芸・植物関連ゲンチアナ

[PR]

2020-06-01-Mon 02:52:12 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲンチアナ

2017-02-14-Tue 20:30:40 │EDIT
先日咲くやこの花館で見たゲンチアナたち.

左はアコーリス(Gentiana acaulis),
右はベルナ(Gentiana verna).

アコーリスの方は別名「チャボリンドウ」.
ん?そういえば「チャボリンドウ」って以前蓼科に植えた記憶があるけれど…どこへ行ったんだろう?こんな大輪の青っ花は咲いた事が無いぞ~っと.(~_~;) きっと夏の暑さで消えたんだろうなぁ.ゲンチアナ系はなかなか相性がいまいちで居着いてくれない.

アコーリスの方が青が濃くて花の形も「うん,リンドウだね」という感じ.
開花期は春らしいけど,人工環境下では「本日見頃の植物」(←この札が立っていた).
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
目の覚めるような
DORAさん、こんばんは!
ラペイロージアの紫もよいですが、赤みを含まないゲンチアンブルーはやはり最高ですよね。
アコウリスのアルペンブルーは平地でも育つ耐暑性アコウリスという触れ込みで、関東圏の山野草展にも良く出品されているので、鉢なら大丈夫なんでしょうね。地植えだと蓼科ですらダメとは。
それでも、ロンドンでも手こずる(私が良く訪問させていただく、UK在住のガーデナーの方のblogによれば)ベルナよりはましでしょうね。
私もリンドウ系は、こんな春のALPINE系でなくても相性悪いです(泣)。唯一 昨年導入したツルリンが期待の星ですね!
月イチガーデナー2017-02-14-Tue 21:47:53EDIT
ツルリンは大丈夫!(^o^)
月イチガーデナーさん,こんばんは(^^)
ね,目が覚めるブルーでしょ~~.
異常気象の異様な酷暑では耐暑性のふれこみも無力ですね.(-_-)
山野草大家の森和男先生は「最近ずっと異常気象や.異常気象が通常になっとる」とおっしゃってましたが,ホントそんな気がします.
そんな中,山野草系の栽培は「1に排水,2に排水,3,4が無くて5に排水!!」だそーです.(^^;

異常気象は世界規模,ロンドンでも栽培困難とは…(~_~;)

ツルリンは大丈夫!我が家では雑草ですから~~(^o^)乞うご期待!
DORA2017-02-14-Tue 22:02:53EDIT
ブログ内検索
おすすめ
カウンター
プロフィール
管理人:
DORA
HP:
自己紹介:
ナスタチウム仲間をこよなく愛し,大阪と信州・蓼科高原を行ったり来たりしながら生活している.
天気予報
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新TB
バーコード
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 DORA's Blog Some Rights Reserved.
http://dora222.blog.shinobi.jp/Entry/3310/
忍者ブログ[PR]