忍者ブログ

トロパエオルムをはじめ植物全般に関する話題,自然観察,蓼科の生活,趣味の世界(本,デジカメ,アロマ…)など,身近な話題をお話しします.

2019.111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOMEトロパエオルムの記事
2016-10-18-Tue 20:30:27 │EDIT
先週蓼科入りした日,庭チェックした際に愕然としたのはシラカバの大枝が折れてグサッと山野草コーナーの土に刺さっていたこと.すぐ近くにあったポリフィラムの鉢は無事でヤレヤレ.落ち葉がたくさん積もっていたので取り払うと…あれまぁ~!(@_@) polyphyllumが発芽してるではないか!

こんな時期に発芽しても冬に枯れるだろうに,どうするつもり?
秋の日射しをしっかり浴びて,せめてイモに栄養を供給しておいてね~と思うのだった.(^^;
PR
2016-10-09-Sun 20:30:19 │EDIT
大鉢から勝手に出てきてポットに植えたトロパエオルム.

別の場所からも1株出てきて植え替えた.
最初見た時に別の場所のは茎に毛が無くsmithiiっぽい葉をしているなぁと思ったのだが,その後茎が毛深くなってきた.
この株も片方の葉(左の葉)はsmithiiっぽい形なんだが,右の葉がちょっとそれらしくない.
何より葉柄が毛深い感じでhuigrenseかな?と思っている.

もっと成長して年内にでも開花が見られたら正体が判明するだろう.
2016-09-26-Mon 20:30:15 │EDIT
ず~っと雨続きで昨日は珍しく晴れ.そして今日は曇り.たまに薄日は射すものの,カエルが鳴き出して雨が降りそうな気配もある.

毎日トロパエオルムの種まきポットをチェックし,落ち葉を払いのけているが,ついに発芽確認!今季初発芽したのはレピドム1414号の種からの2本.
慌ててポット上げし,L1601,L1602号が誕生.
いよいよトロパエオルムのシーズンがスタート!
2016-09-11-Sun 20:30:19 │EDIT
蓼科へ行く前にトロパエオルムのイモ夏越しチェックを行っていた際,1つだけ発芽しかけているイモがあったのでポットに埋めて北バルコニーの遮光ネット下に置いておいた.

大阪に戻って確認してみると無事発芽.
これはレピドム1507-1号,発芽一番乗り.

今シーズンはどんな気候になるか分からないが,無事に開花して欲しい.
2016-08-29-Mon 20:30:07 │EDIT
まだまだ暑さは半端じゃないけどもうすぐ9月.

アッと言う間にまた種まきシーズンがやって来る.
イモに水やりスタートの季節ももうすぐ.

という訳で昨日は比較的涼しかった南ベランダでイモのチェック.

今季もまたフニャフニャになったり干からびたりして夏越し出来なかったイモ多数.20個以上が没になってしまった.

そんな中,レピドムが1つ発芽しているのを確認.イモが2つあるL1507号だったので,発芽していた方をL1502-1号として別のポットに植え,北バルコニーに出しておいた.週間予報によると今週後半はまた猛暑日がありそう.干からびるか,芽が伸びるか…少なくとも40度超になる南ベランダよりはマシな環境だろう.
2016-08-27-Sat 20:30:36 │EDIT
双葉が見えているのはTropaeolum huigrense@北バルコニー在住の鉢.

さすがに猛暑続きで当のhuigrenseは干からびてしまった.
枯れた茎をその都度カットして鉢の上に乗せていたのだが,その中から緑の新芽が!しかも3本も.

どうやら花後の種が落ちて発芽した模様.
「ほぉ,これで種まきの手間が無くなった~」と喜んでばかりはおられない.
これから来る台風,週間予報を見ると再来しそうな猛暑,いくつかの試練を乗り越えないといけない.ここはしばらく生まれ育った環境で過ごしてもらった方が良さそうと判断,ポット上げは涼しくなるまでしないことに.果たして無事に夏を越せるかどうか?
2016-08-06-Sat 20:30:18 │EDIT
ナスタチウム「紫皇帝」
(T. majus 'Purple Emperor')
花芽と咲きかけの花.花芽は日陰で,咲きかけの方は日なたで撮影.これらは別の株の花.咲ききった時,濃い花色の花芽は濃い色で,淡い色の花芽は淡い色で咲く.既にいくつかの種を採種.

こちらはナスタチウム「カリブの嵐」(T.majus 'Caribbean Storm').
日陰と日なたで撮影した同じ花芽.

紫皇帝とよく似ている.どちらもつる性でグングン茎が伸びるタイプ.もしかしたら紫皇帝とカリブの嵐は元が同じものではないだろうか?と思いながら栽培中.

こちらも種が付いているのでそのうち採種予定.

2016-07-23-Sat 20:30:13 │EDIT
T.majus ’Caribbean Storm’(通称:カリブの嵐)が開花スタート.夕日に照らされての撮影.(画像左)
予想通り,’Purple Emperor'と似通った花色.

花色比較のため,右の写真撮影.上に見える終わりかけの花がPurple Emperor,下が咲いたばかりのカリブの嵐.
どう見ても紫というよりは赤に近い感じ.もうちょっと色あせた雰囲気だと良いのだが,微妙.

そしてこちらはポリフィラム.1株だけまだ頑張っている.これは蓼科で冬越しした株.たいがい梅雨明けくらいでダメになるのだが,よく頑張っている.大阪で冬越しして春にこちらへ持って来た株はもう地上部がダメになってしまった.

が,驚いたことにイモからは新芽が出ていた.(7/16記事)
そこでいったん土に埋めていた鉢を掘り上げ,中のイモを回収,鉢底を抜いて再び土に埋め,そこに4個あるうち3個のイモを入れた.これで底が無くなり自由に根が張れる. もしかしたらさらに深いところにイモを作るかもしれない.

3個のイモは蓼科で冬越し決定.そして余った1個のイモはポリポットに植えて大阪に持ち帰ることに.果たしてどうなることやら?



2016-07-16-Sat 20:30:48 │EDIT
蓼科で越冬したポリフィラムはまだ頑張っている.葉色がだんだん薄くなってきたのが気がかり.いつまでもつか?

もう1つの鉢は大阪で越冬,2つのイモがありグングン茎が伸びて期待していたのにすっかり枯れてしまいガッカリ.この際イモを掘って地植えにしておこうかと考え,鉢を掘ってみたら…おぉ!?芽が出てる!う~みゅ,休眠していたのでは無かったのか!?この気候ならまだ活動範囲なのか?ビックリして写真だけ撮って,やや深めのところにイモを埋め込んでおいた.地上部に芽が出る日は来るのだろうか?
2016-06-13-Mon 20:30:35 │EDIT
Purple Emperorという名なのに淡いオレンジ色の花が咲いてぶっとんだナスタチウム.

開花トップバッターだった株(画像左)では3番花が咲き始めた.なんとその花色は先の2輪とは異なる色.くすんだ赤,エンジ色,無理に言えば赤紫…ようやく紫の要素が出てきたか.そして別の株ではいきなりこの色の花が一番花となった.(画像右)

開花時から咲き分けのナスタとは!!(@_@) 今までこんなのは見た事がない.
lepidumでは開花後時が経つに連れ花色が変化し,遠目に見たら3色の花色に見えた株があったが,最初から異なる色ではなかった.

これは珍しい.他の品種と交雑したらどんなものが出るのだろう?この花色は優勢なのか劣勢なのか,いきなり咲き分けはどうなのか?フェニックスとは交雑するのか?「?」の嵐.
嵐と言えば,「カリブの嵐」は同様の性質を持つのか?
今後の経過が気になるが咲きそろう頃には大阪か…(~_~;)
ブログ内検索
おすすめ
カウンター
プロフィール
管理人:
DORA
HP:
自己紹介:
ナスタチウム仲間をこよなく愛し,大阪と信州・蓼科高原を行ったり来たりしながら生活している.
天気予報
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
バーコード
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 DORA's Blog Some Rights Reserved.
http://dora222.blog.shinobi.jp/Category/7/13/
忍者ブログ[PR]