忍者ブログ

トロパエオルムをはじめ植物全般に関する話題,自然観察,蓼科の生活,趣味の世界(本,デジカメ,アロマ…)など,身近な話題をお話しします.

2019.111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOMEトロパエオルムの記事
2016-06-10-Fri 20:06:11 │EDIT
午後庭を見て見慣れぬ色のナスタが咲いているのを発見.画像の通り淡いオレンジ色.

ナスタは普通黄色やオレンジ,赤と派手な色が多いが,これは何とも言えない淡い色.ホワリーバード・クリームの花も咲いていたので一緒に撮影してみた.2番目の画像で左奥に見えているのがこの花.

で,名札を見てひっくり返った.「Purple Emperor」!!
え~~っ,マジですか…(@_@)

パープルって紫色じゃなかったの?(~_~;)

T&Mのフェニックスみたいに「当たりとハズレ」がある!?
う~みゅ,他の株ではどうなるのか…俄然気がかりになってきた.
1つでも紫花が見られると良いのだが.

こうなると紫花が咲くはずの「カリブの嵐」も気になる.こちらはまだチビ苗.花芽が付くのはいつの日か.梅雨のジメジメと梅雨の晴れ間の異様な暑さにめげずに成長してもらいたい.
PR
2016-06-09-Thu 20:30:17 │EDIT

まずは普通のナスタ(majus).
T&M新品種のCream Troika,Orange Troika,従来品種のWhirybird Cream.
トロイカ・シリーズは斑入り葉.

別のところから仕入れた紫色の花が咲くPurple Emperorは小さな花芽を持っている.いつ咲いてくれるかな?


昨年秋にイモを大阪に持ち帰り「大きくな~れ」と冬中南ベランダで栽培していたpolyphyllum.出来るだけ成長させて春に蓼科に連れて来て初夏に花芽が出来たら…と期待していた.結局一番成長の良かったものは不在中に干からび(T_T),一緒に持ち帰っていた小さな株(画像右)と蓼科で越冬させて春に出てきた小さな株(画像左)は健在.これでは大阪に持ち帰って栽培する意味が無いなぁ.(~_~;)


先月黄色の花を咲かせていたのはleptophyllum.すっかり花が終わり種が出来たかと期待していたがスカで残念.画像は葉だけまだ健在の株.他にももう1株葉の健在株がある.花の終わった株をソッと掘って茎を引っ張ってみると抵抗があり,掘り進むと底の方にイモがあった.かなり地下深く潜る性質なのかもしれない.他の枯れた株も近々イモチェックの予定.


こちらはciliatum.3株あるうちの1株.どれも葉は健在.これだけ葉が茂っているとイモも出来ているだろう.花は春なので今後も期待出来ず.そういう意味ではtuberosum(写真撮ってないな(^^;)も株は元気だが花が咲いたのを見たことが無い.来年春に期待しておこう.




支柱があっても何のその,鉢から飛び出してのたうちながら地面で咲いているのはsmithii.季節問わず環境が合えば咲くタイプ.大阪は冬から春,蓼科では春から秋と気が向けば咲いている.

2株,smithiiかな?と思う株があるがこれらはまだ未開花.葉がやや丸みを帯びているのでもしかしたらargentinum?とちょっと期待しているが,実生で出てきたことを考えるとsmithiiの確率が高そう.
後,出てくるかな?と期待していたspeciosumは出てくる気配無しで残念.

2016-05-29-Sun 20:30:57 │EDIT
トロパエオルムたちのイモ掘りを開始.
同時に種の整理も開始.

南ベランダは日が射すと暑い季節.
天気の悪い日の方が作業は楽.

画像はazureumを多粒蒔きし寄せ植え状態にした大鉢で採れたイモ.
この中には開花したものもあるだろうが,大半は未開花のもの.
来季へのポテンシャルを秘めて無事に夏越ししてくれることを祈る.

2016-05-11-Wed 20:30:14 │EDIT
トロパエオルムたちの枯れた茎・葉の処分と種採り,ようやく終了.

枯れた茎や葉を取り去ろうと引っ張ったら茎につながっているイモが出て来た~,なんてことも.もっともこれは種からスタートしてイモが浅いところに出来ている場合の話.

画像のイモは1個めのイモ(左)を引っ張ったら抵抗があったので,もしかして?とさらに引っ張ったら2個目のイモ(右)がイモヅル式に出てきた,という訳.

今シーズンはダメになったイモ多数で鉢数が少ない分,作業が早く終わった.嬉しいような,悲しいような.(^^; これから種の整理とイモ掘りが待っている.暑くなるまでに終えたいのだが,どうなることやら.
2016-05-06-Fri 20:30:01 │EDIT
少し前から咲き始めたleptophyllum1503号.

先に咲いた1502号はまだ頑張っているが,sessilifoliumはついに全体的に干からびてきた.

1503号はまだ花芽がいくつかあるが,全部咲く事が出来るだろうか.来週帰阪予定なので最後まで開花を見届けられないのが残念.種が出来ると良いのだけど.
2016-05-02-Mon 20:30:10 │EDIT
leptophyllum1502号.

現在1番,2番花は終わり,3~5番花が開花中.
マイナス1度の日もあったが,とりあえず開花を続けている.寒い方は大丈夫だが暑い方が心配.明日の予報は最高が25度…だんだん日中の気温が気がかりとなってくる.
sessilifoliumは下葉が枯れてきた.このleptophyllumはいつまで保つだろう?
2016-04-27-Wed 20:30:50 │EDIT
北バルコニーに置いていた種まきポット.ふと見ると発芽しているもの発見.

昨年11月30日に播いたleptophyllumが発芽していた.
今頃発芽してもねぇ~.(~_~;)
かたや花を咲かせている株もあるというのに発芽サイクル間違えてるよ…と文句を言いたいところだが,気温など環境が発芽に合っていたのだろう.ということはもっと早く種まき出来ていれば(不可能だったから仕方ないが)秋に発芽していたのかもしれない.

夏の暑さでダメになる可能性大だが,チビイモの出来る可能性も低いが,せっかく出てきてくれたのだからこのまま蓼科に連れて行き成長してもらおう.
2016-04-24-Sun 20:30:16 │EDIT
蓼科に連れて来たciliatum3兄弟.

1501号は大鉢に植え替えた.他のもそのうち植え替えないと,と思いつつそのままの状態.

うまくいけば春に花が見られる事もあるのだが,今回は花芽の兆候もなく,やたら葉が茂っている.肥料が効きすぎているのかな.tuberosumといい,このciliatumといい,花に恵まれない.もっともciliatumは今季初めての春なので仕方無いが.

大鉢ではなく5号くらいの鉢に植えて根詰まりさせたら花芽が付くだろうか…などと考える今日この頃であった.
2016-04-20-Wed 20:30:47 │EDIT
蓼科に連れてきたsessilifolium.
大阪よりずっと涼しいのでご機嫌で咲き進んでいる.

地面に直接置くと雨が降った後の泥ハネが激しいのでベランダに置いている.
雨の当たるベランダなので水やりはしていない.
今の季節は大丈夫だが5月に入り気温が上がると干からびる危険性有り.

まぁ,例年咲くのが6月くらいなので今のうちに咲いて花が終わっていれば問題ない.気がかりなのは種が出来るかどうか.

ミツバツツジの周辺でブンブン飛んでいる蜂さんがついでにベランダまで来てくれないかなぁ,と淡い期待を抱いている.
2016-04-19-Tue 20:30:01 │EDIT
ずーーーっとじらされていた.
開きそうで開かないツボミ.

花弁の色がチラリと見えてから数日.今朝はまだガクの先端がくっついていたが,午後見た時にはようやく開花.

このleptophyllumは初めて花にお目にかかる品種.距が長くて2cmほどある.一番花は花弁が縮れていぢけた咲き方をしている.次に二番花が控えているが,どんな咲き方をするだろう?

明日大阪へ戻る際,この株だけ連れて帰る予定.明朝の最低気温予想はマイナス2度.念のため玄関内に取り込んでおいた.大阪に連れ帰って,急激な温度差でやられなければ良いのだが.
ブログ内検索
おすすめ
カウンター
プロフィール
管理人:
DORA
HP:
自己紹介:
ナスタチウム仲間をこよなく愛し,大阪と信州・蓼科高原を行ったり来たりしながら生活している.
天気予報
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
バーコード
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 DORA's Blog Some Rights Reserved.
http://dora222.blog.shinobi.jp/Category/7/14/
忍者ブログ[PR]