忍者ブログ

トロパエオルムをはじめ植物全般に関する話題,自然観察,蓼科の生活,趣味の世界(本,デジカメ,アロマ…)など,身近な話題をお話しします.

2019.111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOMEトロパエオルムの記事
2016-12-08-Thu 20:30:33 │EDIT
ラシルス種を多粒蒔きにした大鉢.
よく見たらTropaeolumが発芽している.
古土を使ったから種が混じっていたのだろう.
画像以外にも1本出ていたので合計3本発芽.もちろん品種は分からない.

イモがほぼ全滅だった今シーズン,種からの発芽は貴重.
少しでも株数が増えてくれたら…と望んでいるが,今頃発芽してイモが出来るところまで到達するかどうかが大きな問題.

暖かい日が多くて今季は全般的に発芽が遅かった.その分成育も後ろにズレこみそうなのが気がかり.冬も暖かい日が多いことを祈ろう.
PR
2016-12-04-Sun 20:30:18 │EDIT
昨日北バルコニーの大鉢から発芽していたものを鉢上げ.

発芽自体はもっと以前から確認していた.
たぶんこの丸っこい葉はciliatumかな.

いつ播いたのかは不明.
ciliatumもtuberosumも大昔に花を見ただけで,それ以来何故かずっと開花に至らない.春の気配を感じてようやく暖かくなってきたと思いきや,アッと言う間にすぐ暑くなってしまうから…かもしれない.たまには花が見たいなぁ…と思いつつ成長を見守るとしよう.
2016-12-02-Fri 22:24:53 │EDIT
北バルコニーで今頃発芽を発見してポット上げしたazureum.

まだ発芽気配のあるものも見られる.
もう12月に入ったというのに…(-_-)
今日は日射しが暖かく(南ベランダでは暑く…午後温度計を見たら35度だった)どうも発芽のタイミングが後ろにズレている.

気温変動が激しいと人にも植物にもストレスが大きい.これからの成長期に頑張ってくれて例年どおり花が見られるだろうか.それとも花の時期も後ろにズレるのか?今後の気候次第だろうけど気になるところ.
2016-11-30-Wed 20:30:39 │EDIT
蓼科から連れ帰ったsmithii.

クロネコさんが届けてくれたコンテナに入っていた株.
ずっと南ベランダで過ごしている.まだフタは閉めたことがないが,無加温ビニール温室内で過ごしている.

その株でオレンジの花が開花中.後ろでは(画像では見えないが)huigrenseが黄色の花を咲かせている.どこまで頑張ってくれるか分からないが出来るだけの手当はしてあげよう.

まずは植え替えだが,現在青ナスタ仲間の植え替えに追われていて,この子たちは後回しになっている.smithii,huigrense,majus,チョウマメ…などなど待ち行列がズラリと並んでいる.明日からもう師走.いつになったら終わるやら~.(~_~;)
2016-11-26-Sat 20:30:18 │EDIT
昨日記事にしたポリフィラムのイモだが…
スリットポットのスリットから出ていたのはイモではなかった.

イモだと思っていたものがパカッと口が開いたように割れているのを発見,「これはおかしい!」とポットをカットして出してみた.画像上部に写っているのがソレ…正体はドングリ.(@_@) 

幸い元のイモは無事で新芽が出ているのを確認.別のポットに植え替えしておいた.やはり,これではとても新しいイモを作れるほどの大きさでは無いよなぁ.(^^;
2016-11-25-Fri 20:30:44 │EDIT
蓼科から連れ帰ったTropaeolum polyphyllum.

スリットポットを使っていたのだが,ふと底の方に違和感が.あれま,スリットの隙間を抜けてこんなトコにイモが出来てる~(@_@)

なんとも笑えるお姿のpolyphllum,早く植え替えてあげないとね.(^^;
2016-11-16-Wed 20:30:16 │EDIT
蓼科の庭・山野草コーナーに埋めた大鉢の中.

落ち葉にまみれてpolyphyllumの芽が見えている.
不在時の最低気温だったマイナス4度を耐えたようだ.

これから数ヶ月長い冬が始まる.
最終的には雪布団に埋もれることになるが,この芽はどうなるんだろう?
常緑のままか,あるいはいったん地上部は無くなるのか?こんな時期に発芽しているpolyphyllumを見るのは初めてなので予想がつかない.

一応落ち葉布団をかけておこうと思っているが,来春どうなっているのかが気になるところ.
2016-11-06-Sun 20:30:32 │EDIT
今朝北バルコニーをチェックしているとhuigrenseが開花しているのを発見.

こぼれ種で出た子なのか,挿し芽でとった株なのか,ラベルも無く出生は不明.蓼科には連れて行ってないので大阪で夏越ししたのだけは間違い無い.

寒がりのhuigrenseなので12月になると南ベランダへ移動する.

悩みの種はラック・カバー.防寒のためにビニール・カバーを植物棚(ラック:幅90×奥行45×高さ180cm)をかけているのだが,このサイズのものが見当たらない.昔は近所のホームセンターに安価であったのに数年前から見かけなくなってしまった.もうこんなサイズのカバーは作ってないのかなぁ.仕方無いので昨年は自作カバーだったが,今年もそうなるのかな.
2016-11-03-Thu 20:37:51 │EDIT
これは9/29に冷蔵庫播きしたトロパエオルム.
ちっとも音沙汰なかったので10/18に土に埋めて戸外に置いていた.

先月中にようやく1本地上に顔を出し,本日ポット上げ実施.
次に続くものがあれば良いのだが…とソッと土を返してみると1つ芽割れしているものがあった.という訳で再び土をかけて地上に出てくるのを待つばかり.

長雨と変な気候でやたら発芽率が悪いこのシーズン.1つでも多くの株が出来るのを祈るのみ.
2016-10-21-Fri 20:30:46 │EDIT
春に初めての花を見せてくれたトロパエオルム・レプトフィラム1501号.
(Tropaeolum leptophyllum)

夏はずっと蓼科で過ごしていた.ふと見ると発芽しているのを発見!
暑い夏だったが腐らずに済んで良かった.
レプトフィラムで発芽一番乗りというか,唯一の発芽.

天候不順だが順調に育って来春また黄色の花を見せて欲しい.


ブログ内検索
おすすめ
カウンター
プロフィール
管理人:
DORA
HP:
自己紹介:
ナスタチウム仲間をこよなく愛し,大阪と信州・蓼科高原を行ったり来たりしながら生活している.
天気予報
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
バーコード
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 DORA's Blog Some Rights Reserved.
http://dora222.blog.shinobi.jp/Category/7/12/
忍者ブログ[PR]